ステンレス加工の職人会社
谷津テックス株式会社
YATSU TECS INC

 TOP  会社案内  会社案内図  生産設備  弊社製品の 購入方法
 製造品目  加工品目  加工例  図面集  サイトマップ
 液面制御フロート  SUSボールタップ  へら絞り  塩ビボールタップ  タイムカプセル

●「へら絞り」ってな〜に?
へら絞りとは、丸く切った板を絞り旋盤(旋盤を絞り用に加工した機械)やNC絞り機で成型することです。
特徴としては、
○型代がほかの絞り加工より安い(たたき出しには負ける!)
○プレス加工より伸びが少ないので、板厚がプレスより厚くできるものもある
○金型が自社加工できるので早く製品になる(それに安い!)

NC絞り機での行程は、下のようになります。(銅製液面制御用フロートのへら絞りです)
へら絞り用材料(銅) へら絞り行程1 へら絞り行程2
↑ 材料は0.3ミリの銅板
大きさは径120ミリの半球
↑ 機械に材料をセットします ↑ 材料を回転させながら
ロールで成型します
へら絞り行程3 へら絞り行程4 へら絞り行程5
↑ 段の角を入れます ↑ 端をカットします ↑ 頭の押し跡をならします
 
●「へら絞り」でできるものは?
数は1個からでも加工できます。数量に応じて、生鉄型からダイス鋼型を利用します。
昔ながらの人間の手による絞りや(小ロットの加工に向きますが価格がちょっと高い)、NC絞り機を利用した量産向きの
絞りがあります。
形状は丸いものに限られます。三角や四角などの角張ったもの、楕円のものは絞れません(プレス成形もしています)
大きさは材質により絞れるものが変わりますが、おおむね直径が20ミリから1500ミリくらいです。
絞れる材質は、鉄・アルミニウム・銅・ステンレス・チタン・ハステロイなどです。
板厚は、これも材質・形状によりますが0.2ミリから4ミリくらいです。
鏡板などで規格にない大きさ、板厚のものも製作できます。

●「こんなもの絞れますか?」 「いくら位かかるの?」
そんな質問がありましたら、お気軽にお電話やファックス、メールでお問い合わせください。
材質、大きさ、数量等をご連絡ください。
図面や簡単なスケッチ、または見本品がありましたらあわせてご連絡ください。

TEL 048-955-2301 FAX 048-955-6415 E-mail y-info @ yatsu-tecs.co.jp

□■□へら絞りサンプル (写真をクリックすると大きい写真と説明が見られます)□■□
材質 アルミ 2t φ170 材質 ステン 1.5t φ60xx160L 材質 ステン 1.2t φ650 材質 ステン 1.0t φ58x94H 材質 ステン 1t φ200x140H 材質 ステン 1t φ170
材質 ステン 1.5t φ300x205H 材質 ステン 0.8t φ150 材質 ステン 1t φ76x57H 材質 ステン 0.8t φ63x67H 材質 チタン 1.2t φ148 材質 SPC 1.5t φ50x110H
Copyright (C) 2001 YATSU TECS INC.All Rights Reserved. Since 2001/12/25